防犯カメラで犯罪を抑止!

私はマンションの夜間警備の仕事をしているので、毎日のように防犯カメラにはお世話になっている。
お世話になっているというより、それを監視していることが仕事なのである。
十分な数の防犯カメラがあれば、事件を解決するのも楽だ。

事件と言うほど大げさではないが、マンション共用部の物品が盗難にあった時も犯人を捜し出せた。
さらに下着泥棒の事件もあった。警察が来てモニター画面の映像を持ち帰り、映像を鮮明にするソフトとやらで解析し、学校に持って行ったら高校生の犯人がすぐに特定できた。
まだこれ以上凶悪な事件が起こっていないのは幸いであるが、テレビのニュースなどでは殺人、暴行、放火などの凶悪事件が後を絶たない。

マンションのように限られた空間であれば設置するカメラもしれているが、街で起こる事件をカバーしようと思えば数え切れないほどのカメラが必要となる。
しかし犯人検挙もさることながら、犯罪抑止という観点からもこれからますます防犯カメラの必要性は高まる。

防犯カメラではないが、最近、自動車に隠しカメラを設置してみた。
事故や盗難の際には再生することができる。
車は日中だけ狙われるわけではない、暗い中でも撮影ができないといけない。
なので、隠しカメラ専門店は参考になった。

ダミーのカメラや、ただひたすら「防犯カメラ作動中」などといかついアピールなどはせずに、静かに「どこかで誰かが見ていますよ」というのがいいのではないだろうか。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト