防犯カメラで犯罪を抑止!

私はマンションの夜間警備の仕事をしているので、毎日のように防犯カメラにはお世話になっている。
お世話になっているというより、それを監視していることが仕事なのである。
十分な数の防犯カメラがあれば、事件を解決するのも楽だ。

事件と言うほど大げさではないが、マンション共用部の物品が盗難にあった時も犯人を捜し出せた。
さらに下着泥棒の事件もあった。警察が来てモニター画面の映像を持ち帰り、映像を鮮明にするソフトとやらで解析し、学校に持って行ったら高校生の犯人がすぐに特定できた。
まだこれ以上凶悪な事件が起こっていないのは幸いであるが、テレビのニュースなどでは殺人、暴行、放火などの凶悪事件が後を絶たない。

マンションのように限られた空間であれば設置するカメラもしれているが、街で起こる事件をカバーしようと思えば数え切れないほどのカメラが必要となる。
しかし犯人検挙もさることながら、犯罪抑止という観点からもこれからますます防犯カメラの必要性は高まる。

防犯カメラではないが、最近、自動車に隠しカメラを設置してみた。
事故や盗難の際には再生することができる。
車は日中だけ狙われるわけではない、暗い中でも撮影ができないといけない。
なので、隠しカメラ専門店は参考になった。

ダミーのカメラや、ただひたすら「防犯カメラ作動中」などといかついアピールなどはせずに、静かに「どこかで誰かが見ていますよ」というのがいいのではないだろうか。

この先不可欠となるであろうカメラの存在

写真でもビデオでもカメラを向けられると不思議と視線のようなものを感じます。
そのカメラを人が持ってかまえていない場合でもです。

レンズには目と同じような機能があるからでしょうか。
日々のニュースに殺人や強盗など凶悪な犯罪が上がらない日はありません。

でも、そういった犯罪はテロや狂気の銃乱射などを除くと犯行がばれないようにこっそりと行われるのが通常だと思います。
捕まりたくないし咎められたくないのでしょう。

犯罪が行われるとき、悪いことをするという自覚はあるのだと思います。
だとすれば、防犯や監視のカメラは起きた犯罪に対しての効果はもちろんですが、
そもそも犯罪を起こさせないために有意義に働くのではないでしょうか。

また、犯罪のみならず人目があればよかったと思われることは少なくありません。
例えば徘徊や小さな子供の迷子です。もしも誰かの目があれば、迷子者が行ったであろう先は目撃情報を追っていけば辿り着けます。
カメラがあれば目撃者に話しを聞いて追っていくようにその行く先を追えます。

人目のあるなしは場所や時間帯で限界がありますし、そもそも人の場合、記憶するものに限界があります。
でもカメラなら時間も場所も問わず無差別に情報を記憶してくれるので漏れや間違いがありません。
これから人口も減ります。カメラの有効活用は必然だと思います。

SF設定かな?

事件があると、必ずといって良いほど防犯、監視カメラの解析が行われて解決の大きなきっかけとなることもよく聞く話です。

現代は人と人との繋がりが薄れ、地域の目というものがなくなってきています。単身者用のマンションなどでは、隣にどんな人が住んでいるかも知らないということも。
防犯、監視カメラの存在は、そうした人の目の代わりを担ってもいるように思います。

プライバシーの問題などクリアしなければいけない部分もたくさんあるとは思いますが、今の世の中にはなくてはならないものだし、増やしていくべきだと思います。

本当は災害時も含め、地域での繋がりや協力によって防犯や助け合いができるのが一番でしょう。
ただ、核家族が増え、女性の社会進出も進みました。日中は特に家を空けることも多いでしょう。そうした背景のある現代においては防犯、監視カメラは重要だと思います。

SFで個人の行動が全て管理される世界というのがよく出てきますが、防犯カメラに反対する方はそのイメージが強くて反対するんでしょうね。
もちろん、そんな世界はまっぴらごめんですが、現実的にそこまでいくのはどれだけの時間がかかるのかな…
科学の進歩は目覚ましいけど、かなり先のことなんじゃないかな。。。

人の目と違ってカメラは記録に残るので、事件などでは重要な証拠になることもあります。生活のなかに取り入れて共存していくことは、ある意味ではより犯罪抑止効果も期待できるのです。

犯罪の多い地域や、人の目の届きにくい地域や場所などは市町村が積極的な設置を考えていくべきだと考えます。

監視社会がやってくる?

現在、いたるところに防犯・監視カメラが設置されているのには驚きました。
まるで、未来の世界!
とまでは言いすぎかな。

不特定多数の人々が集まる建物(駅やショッピングモールなど)、
街中の街路灯や交差点の信号機の上部にも設置されるようになりました。

最近、「こんなところにもカメラがある!」と驚いたことが3回ほどあったので書き連ねてみます。

まず一つ目は先日、病院に用事がありタクシーを利用したときのこと。
タクシーには前方の景色を撮影する「ドライブレコーダー」というカメラが搭載されていますよね。
わたしが乗車したタクシーには車内を撮影する超小型カメラがバックミラーに着いていたのです。
「なにか視線を感じるなぁ・・・?」と思いながらあくびをしていたらバックミラーのカメラと目があってドッキリ。

二つ目は病院に到着してMRIという検査機器で検査を受けていたときのことです。
MRIの中に20分ほど閉じ込められて?しまい、暇つぶしに大きな作動音にあわせて
まばたきを繰り返しているとスピーカーから「まばたきを止めてください~」という検査技師の声が。
MRIにもカメラが仕込まれているのに驚くやら恥かしいやら・・・。

三つ目は病院帰りに立ち寄った銀行の現金自動支払機(ATM)でのこと。
すべてのATMの上部に半円状の黒色カプセルが取り付けてあり、
何気なく見てみると中にある小型カメラのレンズとまたもや目があってビックリ!

監視社会なんて言いますが、それを実感した一日でした。

先日、防犯カメラや隠しカメラを色々と調べていたんですが、
防犯カメラ以外にも個人が持ち歩けるほどの小型カメラもかなり進化を遂げていたので、それもビックリ。

ボールペン型、腕時計型はスパイ映画みたいですよね。
さらには、メガネ型なんてものもあり、これは自分の見ているものがそのまま録画されるから面白そうです。
今はやりのウェアラブルってやつですね。
さらには、消しゴム型やフリスク型もあって、そんな小型なものにカモフラージュできるなんてスゴイなぁ。